FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道中付け(黄金餅)

「黄金餅」
乞食坊主がため込んだ一分金を餅に仕込んでは飲みこんで死んでしまう、餅を買ってやった隣の金さんが亡骸を焼き場で生焼けにしてもらって、腹を裂いて金を取り出して、それを元手に目黒で餅屋を開いてたいそう繁盛するというごく酷い話。 勧善懲悪でなく、道徳的にも宗教的にも悪いを重ねて、大成功って良いのかなぁ?って思いながらも、洗練される前の昔話のようで好きな話。
志ん生のテープだったか、終いの「その金で、目黒に餅屋を開いてたいそう繁盛したという。江戸の名物「黄金餅」の由来でございます。」を聞いた観客の「えぇ」って引く感じが実に楽しい。

菜漬けの樽に死骸を詰めて寺まで担いで行くところはそれこそテープを何度も巻き戻して聞いてました。
「下谷の山崎町を出まして、あれから上野の山下へ、三枚橋から上野広小路へ出まして、御成街道を五軒町へ出て、そのころ堀さまと鳥居さまのお屋敷前をまっつぐに、筋違御門から大通りへ出まして、神田の須田町、新石橋から鍛冶町へ出まして、今川橋から本白銀町へ出まして、石町から本町、室町から日本橋をわたって通四丁目から中橋へ出まして南伝馬町から京橋をわたってまっつぐに、新橋を右に切れまして土橋から久保町へ出まして、新シ橋の通りをまっつぐに、愛宕下へ出て天徳寺を抜けて、飯倉六丁目から坂をあがって飯倉片町、おかめ団子という団小屋の前をまっつぐに、麻布の永坂をおりまして十番へ出て大黒坂をあがって、一本松から麻布絶口釜無村の木蓮寺にきたときには、ずいぶんみんなくたびれた……あたしもくたびれた」(古今亭志ん生『黄金餅』より)

とりあえず上野まで出る、エキナカの「粋家(スイカ)」でラーメン、当然SUICAで支払う(ピョ~ン)。
白菜と豚が煮込んであっておいしゅうございます

山崎町の辺り、スカイツリーのお膝元にもほど近い。
押上げもほど近い

山下に向かう、ちょっと歩くとタモリ倶楽部でお馴染の銀座線の踏み切り。 高圧の第三軌条にも手が届きそう。
デパートの三階から発車して、踏切を渡る地下鉄
おしっこかけて感電死するドラマがあったけど。
山下に向かう、まむし屋さんの救命堂。 ゲッ!看板から命の字がない、ショーウィンドーに今日は蛇がいなかった。
うえののへびや

数軒先にはもつ焼きの「カミヤ」、あっちこっちにある「カミヤ」の元祖、ここからみんな暖簾分けしていった。
おかみさんはやっぱり不機嫌?

パチンコメーカーや韓国料理屋が集まっているのを脇目に30年前に良く買ったくり屋さんの前を通って。
よくさぼっていた喫茶店は無かった

ガードをくぐれば公園前から広小路、桜も咲き始めて、鈴本や黒門町に行く前に講談の本牧亭の有ったあたりを通り過ぎる。
花見の頃は真っすぐ歩けない

広小路亭の前から御成街道を真っすぐ。
永谷園とは関係ないらしい

秋葉原の御成街道架道橋を潜れば神田。
ここの伊勢のつくねは旨いっすよ

室町を過ぎると包帯だらけの三越。
高島屋が終わったら三越

一時期は警備まで出ていた日本橋を渡って。
麒麟の翼の頃がすごかった

日本橋の交差点の辺りは再開発で騒々しい。
赤木屋さんも証券会社やめちゃいました

京橋を越えて銀座、伊東屋も建て替えるらしい、そんな時期かな、しばらくしたらどこだかわからなくなりそう。
メルシー券もカードになって

「銀座九丁目は海の上」って歌があるけどこの辺りも海だったのか? 今は高速の下に銀座ナイン、三吉の300円ラーメンで愛用してます。 ちょっと先には露店の台湾料理屋が絶品。
HOOTERS GINZAもあるよ

新橋のガードをくぐって虎ノ門方向にまっすぐ、イイノホールの横を左に曲がってしばらく 虎ノ門大阪砂場の辺りもビルを建て直してる。
この辺り良い店が多い

愛宕下、平成の曲垣平九郎となるべく愛車とともに駆け上ってみた。
梅の枝を取りに

天徳寺門前、八角形の本堂と十二角形の鐘撞き堂のあるお寺(どちらも最近建立)
多角形好き

神谷町を過ぎて某宗教団体の巨大な聖堂を脇に見ながら、坂を登って飯倉NOAビルを右に
バブルの頃のあこがれの建物も・・・

飯倉片町を渡って先の道を左折、おかめ団子の辺りらしい。 気の早い桜が咲いている。
風は強いがそこそこ暖かい

そのまま十番まで坂を下る。
十番温泉も十番食堂も無いけど「阿部ちゃんがある」

大黒坂を登る、港区は坂それぞれに名前があって楽しい。
貧脚には辛い

坂の上には代々続く一本松
何代目でしょうか

振り返ると東京タワー、要するに「スカイツリーから東京タワーへ」って事のようだ
お役御免ですか?

左に元麻布ヒルズを眺めながら走る。
最初見たときは驚いた

大使館の並ぶ中、木蓮寺の辺りでしょう。

一本松から麻布絶口釜無村の木蓮寺にきたときには、ずいぶんみんなくたびれた……あたしもくたびれた
みんな潜った生垣は無さそう

おまけ

この後、目黒で餅屋を始めるとすると金を持った後は広尾の方に降りたんだろうねぇ。 広尾の町の古い店。
仲良く並んだパーマ屋さんと床屋さん

コメント

東京は、意外に今、立て替えブームなんですね。

>>YA/DA さま
大手町辺り、単身赴任で地方にいた間にすっかり様子が変わってました。 どうなっちゃうんですかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kantendou.blog84.fc2.com/tb.php/118-434f869e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

プリシラ

Author:プリシラ
北陸から博多へ、5年間の単身赴任も終わり、東京に戻っても相変わらず・・・・。。
鯨飲馬食の日々はつづく。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。