FC2ブログ

2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいと富山へ、志らくを聞きに

「志らくさん行く?」 って軽いメールに
「いく~ぅ」と軽く答えて半月ばかり。
でもって、富山まで。
最近はチケット取り難いと聞いてたから、そんな簡単にチケット取れるのかなぁといぶかりつつ。
突然やたらに鼻の高いフランス人が出てきて、「快楽亭シラク」で~す、とか言われて。
人情話「白野弁十郎」とか始めたら嫌だなぁと思ってたけど、本物の立川志らくでした。
10回目だそうです
富山と言えば薬売り、駅前で名も無き薬売りの方々がおもてなし。
そろばんまで入って、紙風船もやけにリアル
開口一番“志らべ”さんの「天災」。
表情筋の丈夫そうな人だねぇ、瞼で豆が噛めそう。
でもって、志らくさんの「長命」(本当は「短命」なんだろうけど昔そう言ったら、「うちは縁起商売だ。」って怒られたので)。
八五郎と隠居のやり取りが終わらない、訳の分からない八五郎がスパークして飽きさせることなく延々と続く、「お○○こ」とか言えば済むことを小半時やり取りして、最後に八五郎が元も子もないこと言ってやっと終わる。(日が変わって会社に行くと「社内検査」が入ってた。「だからね。」と言っても聞かない、なにを言うっても分からない、現実社会の八五郎がカルテットであらわれた。)
そして黒紋付であらわれ、あれっつっと思ったら、『真景累ヶ淵』。
「豊志賀の死」と言ってたけど端折りながらも発端から、「お久殺し」までを演る。
舞台の緋毛氈に上から真直ぐライトをあてていたのか、顔を曇らすと朱に染まる、らしいなぁ。

全文を表示 »

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

プリシラ

Author:プリシラ
北陸から博多へ、5年間の単身赴任も終わり、東京に戻っても相変わらず・・・・。。
鯨飲馬食の日々はつづく。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。