FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありゃりゃ

夕方、金沢に着いたら駅前が騒然としてる。
会議が迫ってて、とりあえず野次馬の逸る心を抑えて香林坊へ。

仕事が終わって9時過ぎ、まだ騒然としてる。
何気なく振り返ったら。

「あ゛~~~。」ってにしおかすみこか。
建設中のビルの足場がひっくり返ってる。
え゛~

全文を表示 »

スポンサーサイト

ゲージツの秋(勝一)

珍しく早い時間に仕事が終わって勝一へ。

前菜、甘エビの塩辛が旨い、麹に漬けたのはよく有るけど、甘エビのミソに漬け込んだらしい。
甘エビの塩辛、ウマァー

全文を表示 »

勝一の写真

前は頻繁にランチに通ってたけど、最近は夜だけ。

GW前に「アカニシ貝」を食べに行った晩の前菜。

GW前

牡蠣の燻製がでかくてプリプリ。

全文を表示 »

ちょっと名古屋に若冲を見に

プライスさんが日本に持ってきてくれた絵が帰っちゃうらしいんで名古屋まで日帰りで、って云うことで早起き。
歳のせいか最近早く起きちゃう、っと思ってたら今朝気がついた、今住んでいる所がJRの線路際で、明け方貨物列車だのすごい勢いで通過するんで目が覚めるようだ。
部屋決めるときはそれなりにチェックしたんだけど、住んでみるとずいぶん違う。
寝直すにも中途半端、しょうがないんで朝飯、野菜だの肉だの炒めてラーメンと共に鍋にする、家庭用のコンロが無いんで野外用のストーブで、残りのスープにご飯を入れて雑炊にする。
見た目不安定

全文を表示 »

四半世紀前の事(白山茶屋)

子供ショーのバイトしてた学生のころ、月一ぐらいで金沢に来ていた。

とはいっても夜行日帰りのきついスケジュールで、観光なんてとてもじゃない。
当時、芝居やってって金の無かった私ぐらいしか引受け手が居ない。

そんなドサ周り仕事だからメンバーも寄せ集め、夜、上野からメンバーの映画の大部屋のおっさんたちと寝台車に乗り込む。
当時まだ珍しかったホッピーを持ち込む人が居て、一番下っ端の私もご相伴に預かった。

高崎の手前で持ち込んだ酒を飲み尽くす、そうすると私、パシリの出番。
高崎駅の売店はホーム数本向こうにある、当時ミネラルウォーターなんて売ってなかったから缶ビールたくさんと安物のウィスキーを駆け出して買ってくる。

それからは缶ビールにウィスキーを入れて飲む、いわゆるバクダンだから回りが速い、気がつけば寝ている。

朝、金沢駅に着けばひどい二日酔い、それでも駅の改札近くに有った立ち食いそばのラーメンをみんな食べる、二日酔いの胃袋に気持ち良い。
あっさりしたラーメンに、今の白山そばとかで出してる元祖エビ天が入ってた(甘エビの周りに円盤型に衣のついたやつね)、おっさんたちもこれを食うのが楽しみであえて悪酔いしている様子。

それから今のアピタだと思うけど、サンテラスユニーに向かう、近くの宿で仮眠することも有ったけど、私は音響の仕込があるのでそのまま会場へ。
お昼はユニーの中のおすし屋さんで、おいしかったけど肉体労働者にはちょっと足らなかったような記憶。

ショーも終わって金沢駅に着く、発車まで数時間の自由行動、唯一金沢を堪能できる時間。

でも、まだ駅前広場に杜若の像が有ったころで、駅前に飲み屋さんなんて見当たらない、そん時に行き当たったのが地下街の中にあった「白山茶屋」。

今も安いけど当時本当に安かった、梅貝とかつみれ団子食べながら司会のお姉さんと飲んだ。
司会のお姉さんといってもドサ周りに付き合うような人だからアナウンサーとかじゃ無くて、どこかのアングラ劇団の女優、演劇人らしく議論好き。
芝居の話を怒鳴りあうようにしながら燗酒を飲む、菊姫がやってる酒場だから酒はめっぽううまい、毎回二人で2升ぐらい飲んでたんじゃないかな、でっ、目が覚めればいつも朝の上野。
奈良漬状態、酒臭いまま、割り切れない思いのまま右と左へ。

そんなこと思い出しながら、都ホテルの地下の「白山茶屋」へ。
にぎやかな入り口

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

プリシラ

Author:プリシラ
北陸から博多へ、5年間の単身赴任も終わり、東京に戻っても相変わらず・・・・。。
鯨飲馬食の日々はつづく。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。